熊人ポールの日本語奮闘記
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日のブログ続きです。

船では、ダンシングと体操の仕事をしました!


熊さんを探せ! 熊さんが何処にいるか分かりますか?


5年間の中に五つの違うの船で働きました。
(5本とか台とか匹とか、船は??分からない! 5隻ですか?) 


毎船で大体四つの違うのショーをしました。
その仕事で67の国々に行きましたよ!


熊さんを探せ!その2 今日のは結構簡単だと思います。


これらの写真は、12年前のダンシング熊の写真です!

楽しんでね!


宝龍


*答え合わせです↓

真中で軽々とレディーを持ち上げてるのが熊さんでした!



ちょい右下でカッコつけて座ってるのが熊さんでした!

若ッ!


Yesterdays blog continued. On the ships I was a dancer and acrobat and for five years
I worked on five different ships, and on every ship I performed in 4 different shows and
visited 67 different countries! These photos from 12 years ago are of the dancing bear,
I hope you enjoy!


Paul

スポンサーサイト

昔物語!

昔、ダンシング熊の時に世界一有名の船で働きました!
その時にいろんな旅をしましたよ!


熊さん、若ッ!! この横にいるのは当時の彼女かな?

この船の名前はQE2です!

この間に大阪港に来ましただけど、悲しいのことに最後の時でした。


とにかく、大体QE2はニューヨークからイングランドまでに行きました。
そして、時々別の国々に行った。

とくに一年の三カ月には別の国々に旅しました!


その時にQE2で遊航船の免許証を取りました!

日付を見ると1990年みたいです…てことは、熊さん26歳?

説明困難ですが、基本的に船の上の人と友達になって、
それでチャンスがありました!


練習のあとは、ニューヨークで期末試験をしましたよ!
スータチュオフリバッチの前に運転しました!

駐車場まで一人で運転しましたでも、
もちろんニューヨーク港のマスター(PILOT)の指示が聞きました!

ちょっと怖かったでも、満足でしたよ!


THE END


宝龍


*QE2…クイーン・エリザベス2号
*スータチュオフリバッチ…スタチューオブリバティー = 自由の女神


この写真は熊さんのお気に入りで携帯の壁紙にしてました。

小熊の時に弟とは毎日けんかの練習をしたんだ。

彼は、ちょこっとずるい、でも、
いつも負けるのでいらいらします。

時々優しいの感じある時、わざとぼくが負けるよ。


可愛いやろ!


大熊


昨日、星野さんの展示会に行きました。

彼は二十年ぐらいアラスカで自然の写真をとった!
星野さんの写真が本当にすてきです。


僕の考えは、自然の写真が一番難しいです。
とくに野生の動物!

僕も半年間、南東アラスカにその事をしました。
だから、とる時に忍耐や運がいる事を分かるね。

アラスカに僕の時間が少なかっただけど、忘れることができないです!

アラスカは、大広い、大綺麗、そして危ないです!
だから、その場所にいる時、生きるの感じがあります!


この写真は、アラスカに僕の最初の熊写真です!

熊が初めて野生の熊を撮った時の写真だそうです。

森の中に自分で5時間ぐらい待てました。

その熊が来た時、サケをつかまれました。
でも、30分写真とりません。 見てるだけでした!

それから、30メーターぐらいから最初の写真をとった!


突然、熊の頭が僕の方向を見た!

カメラの音を聞きましたね! 恐!!!! どうしお!


直ぐ後は、熊が後部足で立ちましたよ!

ダブル恐!!! どうしお!


僕が逃げれば、熊は100パーセント追跡するね!

僕は熊の事を勉強してたから、そのままをしてた。
そして、ゆっくりで熊が行きました。


熊はキラーじゃない!と思いました!
なぜなら、熊が脱出するの場所あった、そして、僕は安全だった!

やった!


この写真は、僕の絵です。

熊がエンピツで描いた熊の絵です。

別の時、黒熊の写真をとった。 それから絵を書きました。

いいですか?


宝龍


☆写真家の星野道夫さんは、撮影中にヒグマに襲われて亡くなられたそうで、
  熊好きの熊としては、特別思うことがあったみたいです。


Yesterday I went to hoshino san's exhibition, He took wild life pictures
in alaska for about 20 years! Hoshino's photos are fantastic.

My thinking is, that nature photography is the most difficult to take,
especially wild animals! I also took photos in alaska for half a year,
therefore I understand the patience and luck required when you take
their photo.

My time in Alaska was short, but I will never forget it! Alaska is huge
and spacious, and extremely beautiful, and extremely dangerous becasue
of that you really feel alive there!

This photo is the first photo I ever took of a wild bear in alaska! I waited
for about 5 hours by myself in the forest. When the bear came it caught
a salmon, for about 30 minutes I took no photos. I only watched. Then
from about 30 meters away I took my first photo,suddenly the bear looked
my way. He heard the sound of my camera, THIS IS SCARY!!!! What should
I do! Soon after that the bear stood up on his hind legs! Double this is scary!!!!
What should I do! If I run away 100% he will give chase. Because I had studied
about bears i stayed how I was, and slowly he went away.

I remember thinking bears are not killers, because he had a place to escape,
I was safe! I did it!

This picture is a drawing I did from a photo I took of a black bear.

I hope you enjoy it!


Paul


今日は、アラスカに行った時の写真です。

熊がアラスカで出会った野生の小熊と野性のテディベア。

ごみ場でその子熊の写真をとった!

多分、めっちゃ珍しいだから見せたいあげる!

でも、写真をとった時に緊張しましたから、
そのテディーベアが写ってる事を知らなかった。

なんか、ママの熊が直ぐ近くにいたから僕ね、凄い緊張してた!


宝龍


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポールの熊人日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。